開墾地のいま~春からの振り返り

定点観測はしていなかったのですが、ちょっと前の写真を見ていたら何となくBefore&Afterできそうだったので、たった3カ月ですが、比較してみます。

「この辺で、畑やりたいの。」などと呑気極まりないことを言っていたのは5月7日。ってことは、まだ3カ月は経っていなかったですね。今気付きましたけど。

DSC_9525_1

雪がようやく解けた頃でフキノトウがちょっと伸びたくらい。笹の勢いもまだそうでもなかったですね。その下の根っこがすごかったんですが。

初めて草刈り機でさらーーっと表面を刈ってみたのは5月9日頃だった模様。

DSC_9542

今思えば、たいそう生ぬるいことをやっていたものです。

重機が登場したことで、一気に風向きが変わったのが5月19日。おじいさんが軽やかに倒木をさばいてくれたのが、5月21日でした。

DSC_9808

この白樺の丸太・・・いまだ放置プレイ。結構大きいので、我が家でチェーンソーを買わない限り動かせないものと思われます。

その後子どもたちと一緒に笹の根根絶運動したり、ビニールハウス設置したり、野菜植えたりしながら時は過ぎ(端折りました 汗)・・・今はこうなっています。

DSC_0604

見えるところに畝ができると、俄然畑っぽくなってきたなぁと思います。それにしても、このところ雑草の勢力がすさまじく・・・。早急に鎌を用意せねば!(チェーンソーは旦那専任なので)ということで、これからは水遣りと草刈りがメインの作業となりそうです。

でもうちの第一戦力である長男、ただいま雑草アレルギーでイネ科の花粉にやられている真っ最中。「イネ科の植物全滅させたい・・・」なんて恨めしそうに言っていますが、全人類を敵にするので我慢してもらわねば。そんな彼でも畑の野菜はこよなく愛しているので、花粉が落ち着いたらまた一緒に水遣りや収穫など楽しみたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村