黄金色に色付いた麦畑

DSC_0826_2

先週末のことだったか、子どもたちと一緒に車で家を出た途端、思わず皆で「あ!」と叫んだこの景色。いつの間にか、なのか、ある朝突然だったのかはよく分かりませんが、とにかく急に麦畑が黄金色に色づいたように感じたのでした。

小麦の穂が風にそよぐさまは本当にきれいです。この写真にはありませんが、大麦の穂はもっと繊細で美しく、いつも見惚れながらドライブしています(今度カメラを持っているときに、いいところで車を止められたら写真アップします・・)。でも、そろそろ収穫の時期なのでしょうか。この景色が変わってしまうことは少し寂しい気もしますが、豊作であることをお祈りしています**

ちなみに我が家の目の前に広がる畑はビートなので、今は深い緑色の絨毯が広がっています。また別の畑ではじゃがいもが花盛り。借景ながら、それぞれ夏らしい景色に癒やされる毎日です。

ところで最近では、お天気だと30℃近くいく日も出てきましたが、それでも夜は窓をしめて寝ないと子どもたちから「寒い!」とクレームが出るほどの涼しさです。「ワタシ的、北海道に暮らしていて良かったと思える瞬間」ランキング1位は、「真夏日の夕方、窓からひんやりした空気が入ってきたとき」かもしれません。扇風機すらまだ登場しない北海道暮らし、バンザイ!

さて、今日から長男が夏休みに入った我が家。24日間の短い夏休みですが、帰省などの予定は何もないのに「今年は最高の夏にしたい!」と長男に言われ、親として戸惑いを隠せません(苦笑)何をどうしたら最高になるのかは見当がつきませんが、自主的に楽しく過ごしてくれたらと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村