夏野菜収穫の季節

あからさまな週1回更新が平日の慌ただしさを暗示していますが、本当はもっと伝えたいことが・・・夏の素晴らしい田園風景が・・・あるんですけどね。うぅ、自分不器用ですから。時間無さすぎ。

そんなことで、開墾地に植えた野菜たちも放置し過ぎでだんだん畑に足を向けるのも億劫になってくる始末。そうこうしているうちに、かぼちゃ(栽培責任者:旦那)のツルが凄まじい勢いで開墾地を覆いだしまして、もうトマトとかササゲとかシソのところまで簡単には辿り着けなさそう。かぼちゃ族にこの地を征服される日も近いです。・・・一日も早くツルの息の根を止めたいっ!!

で、世間は夏真っ盛り。本州に比べれば格段に涼しい北海道も、ご多分に漏れず夏野菜が収穫の季節を迎えています。否、いるみたいです、近所の農家さんたちのところでは。

今年我が家は思い切り出遅れていますし、そもそもうちの収穫物なんて微々たるものなのですが、農家さんのところはなんだってスケールが大きいので、自宅用菜園で作った野菜でさえ「食べきれないからー」とたびたび分けてくださいます。

いただき物野菜

これらは、ほんの一例に過ぎず。。ありがたいことに、段ボールや大きな肥料袋でいただくことも。月1回発行の広報を届けに来てくださるのでさえ手ぶらじゃないので、申し訳ないくらいになりますが、立派なお野菜をあちこちからいただけて助かっています。(この1カ月、スーパーで野菜コーナーに行ってないような。)

でもですねぇ、さすがにうちの冷蔵庫では収まりきらず、そして核家族の食卓で大量消費なんてできない。。しかし!私に与えられたミッションは、いただいたお野菜を腐らせずにおいしく食べきることのはず!!…という勝手な使命感から、保存食作りを開始しました。

DSC_0902

奥から時計回りで

■梅シロップ…地元産をはじめていただいたのですが、梅の収穫って8月なんですね!今年は諦めかけてたからうれしいー♪今回は氷砂糖を買いに行くのが面倒で上白糖で漬けてみてます。分量、てきとー。

■キュウリの焼酎漬け…容器しか見えてないけど。今回はキュウリ1kgに対して、砂糖80g、塩40g、焼酎50㏄くらい、粉からし少々で漬けてみました。

■パプリカのオリーブオイル漬け…焼いて皮をむいたパプリカ5~6個、にんにく2片(みじん切り)、塩大さじ1、粒胡椒適当、タイム&ローズマリー適当、鷹の爪1本、オリーブオイルひたひたになるくらい。

■茄子のマリネ…輪切りにしてオーブンで焼いたナス(サイズ大、5~6本)、にんにく1片(スライス)、ローズマリー適当、オリーブオイル300㏄、お酢100㏄、塩小さじ2程度。

■キュウリのピクルス…水100㏄、酢200㏄、ワインビネガー200㏄、砂糖大さじ3、はちみつ適量、塩小さじ1、にんにく1片(スライス)、ローリエ2枚、粒胡椒5粒、オールスパイス3粒

ほかにも、トマトソースやサルサソースを近日中に作る予定。ザワークラウトも作ってみたいんだけど、できるかな?ああ、なんかちょっとしたデリっぽくて楽しいぃー!!!

子どもたちは、パプリカ、茄子あたりにあまり手を付けないから、こうして保存できると助かるし、パスタや肉/魚料理のソースにも使えそうなので時短料理にもなるかもしれませんね。

これから秋までまだまだ収穫期は続くし、我が家の野菜もぼちぼち出来るかと思うので、もっと保存食づくりの腕を磨きたいなぁ。冷凍、乾燥、なども駆使して長期保存させられれば、冬の料理が充実するかも!という目論見のもと、頑張りたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村