薪ストーブ、今季初点火

昨日あたりから、涼しいを通り越して寒くなってまいりまして。

日中は1階居間にある灯油ストーブをささかやに使っていたのですが、夜2階に上がったら、寒い!寝ながら風邪引いたら大変!ということで、薪ストーブと久々格闘して点火しました。

DSC_0991

私の最重要課題である「焚き付け」、今回は小枝と新聞紙2枚で何とかいけました。。

我が家の2階は暖房器具一切ナシなので、2階を暖めるには薪ストーブを稼働させるしかないのです。だから、必死。だけど、火がつかない!っていうのが春先たびたび起きたので、恐々としながら薪ストーブの扉を開けたのですが、今回は春から家の中に放置していた薪がカラッカラに乾燥していたおかげで上手くいきました。

でもって、久しぶりに使った感想。

まず何ともいえない香ばしい木の匂いが漂うかと思いきや、最初は本体と煙突に付着していた埃が焼けた匂いが家中に充満しましたよね(汗)煙突も久しぶりに熱い空気をはらんで、ミシッ、ボコッとか音たててたし。ちゃんとした手入れもせず、予告もなしにすみません、とストーブに詫びたくなりました。。

でもその後は、じんわり家を暖めてくれたようで、快適な睡眠をとれました。2階に干してあった洗濯物も朝には乾いてたし! 起き抜けに見たところ、おき火がまだ残っていてストーブ本体は100度の熱を保ってくれていました。ホッと一安心。今日は最高17℃、最低13℃と新聞に書いてあるので、引き続き燃やしたほうがいいかな。。

それにしても、薪ストーブの火にはやっぱり癒やされますね。「寒いのも嫌いじゃない」と思わせてくれるのも、家のぬくもりがあるからだー!とあらためて感じた次第です。そろそろ薪ストーブとの本気のお付き合いが始まる今秋。面倒を感じることも多いけど、そして焚き付けスキルも磨かなければなりませんが(汗)、楽しみながらやっていきたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村