小5の夏の自由研究(工作)に!すのこベンチをDIY

さっむ!

お盆過ぎたら、さっむ!!

でもオホーツクではこれが普通で、ここ数年の残暑が異常だったんじゃないかな。14年前、移住したての頃はお盆過ぎたら朝晩はフリース着てましたし。ああ、終わると思うと夏が恋しいぃ。。

今日から2日間、子どもたちが小学校の「学習サポートデー」で午前中不在になり、19日からは学校の授業が再開します(2学期制なので、夏休み明け=新学期が始まるとは言えないプチストレス)。

というわけで、夏休みの宿題も佳境にはいっているのですが、長男が自由研究の工作にすのこベンチを作りました。

share_tempory

完成したすのこベンチです。

IMAG1200

今まで絵を描いたり、調べ物したり、地味な自由研究が多かった長男でしたが、ここにきて急に、大作っていうか、でかいものに取り組みたくなったらしく・・・。しかも「提出後、絶対に家で活用できるもの」が今回の彼のテーマだったらしいです。

最初、カラーボックス的な棚かベンチを作りたいと言われ、じゃあカラーボックスの組み立ては?と喉元まで出かかりましたが、それでは自由研究にも工作にも当てはまらないため、遠い目になりながら、ネット検索また検索。

で、行き当たったのがこちらのサイトでした。

すのこベンチの作り方(自立式) – インテリアハート

すのこ3枚でできるならお手軽だし、材料費もそれほどかからないかなと思い、こちらを作ることに。

しかし、大筋参考にはしたものの、いざ作って座ってみると不安定極まりない。。でっかい割に「ベンチ型の工作」の域を出ず、「座らないでください」という張り紙でもしないと、学校で展示中に他の子達が座って壊れる可能性大!

これではせっかく作った長男も納得するはずがなく、ここから補強につぐ補強。これでもかってほど、補強。長男と私が交互に座ったり一緒に座ったり、荷重によるきしみ具合と左右に揺れる不安定さ加減を確認しながら、知恵を出し、汗をかきかき、がんばっていましたよ。

座面下の補強。

IMAG1197

参考サイトでは片側2本脚だったところ、真ん中に1本パイン材を足して、3本脚に。

IMAG1199

どうしても負荷が高い、座面前方には最後筋交いも入れて。

IMAG1198

こうして大人が座ってもOKなベンチが出来上がりました! 製作日数は1日半てとこかと。

タダーン。大人2人乗れる幅(85cm)があります。

IMAG1195

やーすごいね、5年生ともなると。私は工程を指図したり、補強のアドバイスをするくらいで、作業のほとんどは長男1人でやりました。のこぎりで切ったり、釘を打ったり、トンカチや電動ドライバーを使うのも楽しかった様子。今、すんごい満足感に浸っています。

「学校での展示が終わって家に持って帰ってきたら、かぁちゃんにあげる!好きに使っていいよ!」だそうで。3,000円ほど出資した甲斐がありました。わーい!活用させていただきます。

で、学校へは、写真提出で済ませちゃダメですかね?なんならこのブログ記事、印刷しますけど。

 

・・・車の後部座席倒して、がんばって運びたいと思います。

 

ちなみに次男は1年生らしく紙粘土でヘラクレスオオカブト♂♀を制作。これは車で運ばなくていいんだけど、アサガオの植木鉢を再び学校へ持って行くというミッションがあるため、いずれにしても車は出動せねばならず。夏休み明け、面倒です!(笑)


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村