ホームステイ体験記~アメリカの高校生男子編

ホームステイ体験記~アメリカの高校生男子編

先週末は、家族ぐるみでお付き合いしているアメリカ人宣教師ファミリーからの依頼で、高校生男子を2人ホームステイに受け入れました。

Last weekend, at the request of a missionary family whom we are family friends with, we accepted home stay of 2 high school boys from the United States of America.

IMAG2892.jpg

詳しくは存じませんが、彼らは夏休みの間に他国のクリスチャンと交流しながら現地の文化を学ぶキャラバンに参加し、宣教師ファミリーのもとに来たそう。(そういえば、去年のホームステイも同じ趣旨のものでした。)行先に日本を選んだ(あてがわれた?)彼らは10人ほどのグループで、網走の宣教師ファミリーの家に滞在しながら、地元の高校生や小学生と触れ合い、弓道、剣道、茶道、三味線などなど日本文化も体験し、そして滞在終盤の週末に1泊だけ受け入れ先の家ごとに分かれて、ホームステイ!

I don't know the details, but I heard that they participate in the caravan to communicate with Christians of other countries and learn the culture of the local during the summer vacation. (The home stay last year was also the same purpose.) The group came to Japan is about 10 people, and they visited to some local high schools and elementary schools, while staying in the house of the missionary family. They also had experiences of Japanese culture, such as Kyudo, Kendo, Tea ceremony and Shamisen. And on the weekend of staying late, they were divided in each house and stayed one night!

そんなわけで、彼らはすでに疲れていたかもしれませんが、当日子どもたちのマブダチ兄弟も2人泊まりに来てくれたので、私が高校生を受け入れて面倒を見るというよりは、小学生4人のベビーシッターのためにアメリカから高校生2人がやってきた、みたいな感じになってて、いやはや本当にごめんなさい!(苦笑)

They might already have been pretty tired at that time came to my house, but they had to play with my kids during the daytime. My sons' best friends (two boys of the missionary family) stayed together and 4 kids are all noisy, so I felt that two high school students came from the United States for babysitting, rather than I looked after them. Oh my! I'm sooo sorry!!

IMAG2898.jpg

キャッチボールで遊んでもらったり、

They played catch,

IMAG2900.jpg

ハンモックで遊んでもらったり、

They played with the hummock,

IMAG2901.jpg

肩車まで! ・・・ありがとう、本当に。

Piggyback ride! … Thank you, really. 
 

IMAG2899.jpg

夕ご飯は、みんな大好き&外国人にウケが良いカレーライスを。「地元ではインディアンカレーしか食べたことないけど、ジャパニーズカレー最高!」って言っておかわりして食べてくれました。よかった!

At dinner, we ate "Japanese curry rice". They said "We've eaten only Indian curry, but Japanese curry is the best!", and they ate a lot. I was really glad.

IMAG2902.jpg

朝ご飯は和食を。お箸を使うのは大変そうだったけれど、がんばってお箸で食べてくれました。焼き鮭気に入ってくれました。

Breakfast is the Japanese. I think it's difficult for them to use chopsticks, but they ate all meals by using chopsticks! Great! They liked grilled salmon.

翌日は、網走と美幌の教会に私たちもお邪魔して昼食と夕食を一緒にとらせていただき、別れを惜しみました。

The next day, we went to the church of Abashiri and Bihoro, spent some times and eat lunch and dinner together, and after that, we said good-bye.

IMAG2909.jpg

E-チームの皆さん。みんな高校生。

E- team members. They are all high school students.

13533006_10153561273247274_8662479011207253956_n.jpg

最後のお別れの1枚。

Last photo before good-bye.

教会でのスピーチで、それぞれ「おいしいご飯をありがとう」「家のように寛がせてくれてありがとう」、「弟たちをつくってくれてありがとう」と言ってくれて、ウルウルきました。いやいや、こちらこそ、突然半ば強引にお兄ちゃんにしちゃって謝らなきゃなんだけど、来てくれてありがとう!!

In a speech at the church, each said  "Thank you for the delicious meals.", "Thank you for letting me spend like home.", "Thank you for giving me the younger brothers.", so I've almost cried. No, no, I have to apologize you that I treated both of you like the elder sons! Thank you for staying my place!!

観光で来るのとはまた違うホームステイ。多感なティーンエイジャーの彼らの心に何か少しでも残るものがあればうれしいです。彼らに幸多かれ!!

This home stay is different from the tourism. I'm glad if something remains in the minds of impressionable teenagers, even a little. I hope their future will be full of love and happiness!


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村