アウターハンガーをDIY

久しぶりのDIYネタです。

冬になるたびに思案していた、アウターハンガー。雪まみれになったアウターはリビングに持ち込まず、玄関土間で脱いで、同じく土間にある薪ストーブの熱で乾かすのがパターン化していたのですが、今まではニトリのステンレスX型物干しスタンドを使っていたんですよね。夏の間は折りたたんでしまっておけるのでそれはそれで良いのですが、床に置くのが邪魔で。

冬は薪を使うので、それだけ木屑も出やすく、こまめに掃き掃除をする必要があるので、掃除の邪魔になるようものは極力床に置きたくない。ということで、どうにか空間の上半分で済まないかと考えていました。

でも、薪にはクモとか小さい虫が潜んでいることがあり、家に持ち込む前に払ったつもりでも気付くと天井のあちこちにクモの巣が・・・。なので、ポールなどを常設してしまうとクモの思う壺じゃないかと思い至り、アイアンバーなどは却下しました。

と、非常に前置きが長くなりましたが、ふと、使っていないハンモック用のバーが目に入ったので、それを上から吊るすことにしたわけです。

買った材料はこちら。

金具は2個ずつ購入しました。ストーブも煙突も黒色なので、同じような雰囲気にしたくて塗装を。と思ったんですが、かるーく検索したら、プライマーなるもので下塗りをしたほうがいいとか何とか。ネットに促されるままに初めてこんなの買いました。黒色のペンキ?はマットなやつです。

よく分からぬままに、スプレーをかけて乾かしてから(かけすぎ…?)

塗装。ペンキが刷毛にどっぷりついちゃって、なんかもう一人でアワアワしながら塗ったので、作業中の写真はなし。新聞紙の上で乾かしたらガッツリ新聞紙がくっつきましたが、完全に乾いてから水道水かけたら新聞紙はあっけなく取れました。問題ナッシング。最後にやすりを少しかけようかなーと思っていましたが、新聞紙のおかげか少しラフな仕上がりになったので、これにて塗装は完了です。

それを土間の梁に取り付けようと思ったら、椅子の上に踏み台を乗せても私では少し背が足りず。長男にやってもらいました。渋々だったけど…ありがとよ!

そしてこんな感じで完成です。

旦那に、またハンモック使うようになったらバーはどうするの?と言われましたが、その際は庭で白樺の木でも切るか、海から流木でも拾ってくればいいかと。

上から吊るしているだけなので、ブランコのように揺れますけどね。子供たちのスキーウエア(上下)を吊るしても床にはつかないし、ロープでいくらでも調整できるので、満足。夏の間はフックごと外して片付けるつもりです。

ではまた!


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村