3月の気持ち

気づけば3月とか、早すぎて目がかすむ今日この頃。つつがなしや、ともがき。

私の2月は気候的にも仕事的にも体調的にもかなり引きこもりであったのですが、雪解けか進み、虫もクマも這い出してくる3月。もうちょっと活動的になっていきたいなと思っております。

2014年4月にこの土地での暮らしをスタートさせてから、もうすぐ丸5年。年々季節に合わせて生かされている感覚が強くなってきていて、世間の正月とか旧正月とか新年度とは別に、私の体内時計的新年度はなんとなく3月なんですよね。新しいことを始めるのも3月だと縁起が良い気がしていて。だからなにをお伝えしたいかと言いますと、

「あけましておめでとうございます。今年も弊ブログをよろしくお願いいたします」

です。遅っ!

というのは半分冗談で(いや、2019年1本目のブログだけどまじで)、昨日3月1日、久しぶりに履歴書、職務経歴書を作成して、とある企業の募集にエントリーしてみました。

やー気付いたら書くこと増えてて歳取ったなと(笑) 自分の半生を振り返っているようで、ものすごく楽しかったです。夢中で(否、必死で) 記憶を遡りました。私としてはうまくまとまったので、私の葬式での故人紹介ではこの職務経歴書を読み上げて欲しいくらい。(覚えておいて>家族) 正直、エントリーの結果は気にしていなくて、携われたら面白そうだなというくらいなのですが、そういうワクワクも含めて、私の新年度の始まりです。

ところで話は変わるのですが、先日こんな春らしい贈り物を頂戴しました。

まだ銀世界の中にいる私たちには、眩しすぎる贅沢品!そして大粒すぎる!

知床移住も初期の初期、2001年とか2002年の頃に夫婦で仲良くさせていただいていた、少し年上の仙人のような(!) お友だちが静岡から送ってくださったのですが、こうして今も気にかけてくださることが心底うれしくて、人との繋がりについて改めて考える機会になりました。

この歳まで生きていると、それなりに出会いと別れを経験し、たくさんの人が私の前を通り過ぎていきましたが、私も出会った方たちの前を通り過ぎていったうちの一人であって、普段暮らしている中では思い出してもらえると思って生きていないわけです。

なので、思い出してアクションまで起こしていただけることが、ただただありがたく、そういうご縁には今後もひたすら誠実でありたいなと思います。交遊関係が広くないからこそ、なおさらに。

そのなかで私にできるご恩返しってと考えると、たいしたことはできないのですが…。でも数カ月前、音信が途絶えぎみだった高校時代の親友と数年ぶりに連絡が取れたとき、言われてはっとした言葉があったのです。

「私はあなたのブログやインスタをときどき見ていたから、近況を知ってたよ。」

こんな拙いブログでも、大事な人と繋がる細い糸になっていたんだなと、心にじんわり染み入りました。

そういうこともあるので、今後も私はわずかでも受け取ってくれる人がいるかぎり、細々とでもブログを続けていきたいなと、心新たにしています。3月だからね(笑)

まだまだ外は真っ白なんですが、春は前向きな気持ちになれていいですね。冬眠明けのクマもこんな気持ちなんだろうか。さ、今年も生きるぞ!と。

ではでは、また。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村