子どもの転校について思うこと

家を新築するにあたり一番悩ましかったのは、子どもの転校。悩ましいといっても「本人が転校を嫌がっているから、引っ越しを迷う」ということではないです。別に転勤族ではないけれど「この親の下に生まれた以上、義務教育期間中は親が行く所へついてきていただきます。」というスタンスなので、その点で迷いはありません。

じゃあ、何が悩ましかったのかというと、田舎ならではの小規模校という環境です。

前置きとしてちょっと長くなりますが、話は私たち夫婦の小学校時代に遡ります。歳がバレますが、団塊ジュニア世代の旦那と私は、それぞれが横浜の住宅地に生まれ育ったので、40~45人のクラスが1学年で4組、5組あるような小学校を卒業しました。ですので、同じ学年でも話したことない人がいる、なんてのはザラ。別のクラスに誰が転入/転校しようが、たいがい「へーそうなんだ。」で終了。クラスで年度末とかに「お別れ会」なんかをやった気もするけど、定例な感じであまり印象に残るものはなく。よっぽど仲良しの子が引っ越すことになって、軽くショックを受けたと記憶が残っているのは、私の場合せいぜい2~3人かなぁ。。なので、基本的に他人のお引っ越しって、いまだにどこかクールです。

でも! 長男の通う小学校の場合は、違うんです。児童が数人減ったところで、何の影響もないようなマンモス校とはわけが違うんです。「幼馴染が減って寂しい」などという子どもの心情的な話ではなく、いろんなところに影響が出るんです。

例えば、複式学級の可能性。2学年の人数の合計が16人以下なら、2学年1クラス、先生1人となります。複式って、良い面もあるかもしれませんが、心配するのは学力低下。本当に低下するかは分かりませんが、1時間授業うち、半分は自習ですからね。自習中に分からないところがあっても、もう1つの学年を指導中の先生捕まえて質問する、なんて子どもには難しいことかもしれません。なので、保護者的にはやっぱり複式を嫌う傾向にあります。

しかも、複式になったら、学校全体の教員数も減るんです。「2学年に先生1人」でよくなるんですから。全学年が分かれていたら先生6人。1つ複式ができれば5人。複式が2つになれば先生4人…と減っていきます。ですから全校行事なんて、先生方総出でも仕切るのは大変でしょうね。。そのために、小規模校は児童数だけでなく、教師数を確保するため、小・中学生の子どもがいて、家族で転勤してくれる先生をありがたがり(というか、僻地配属になりやすく)実際に長男の通う学校にもそういう先生はいます。

他にも保護者の事情でいうと、PTAの役員決めなんかがあります。人数が少なくなれば毎年なんかの役が必ず回ってきてしまいます。

DSC03755

で、長男の学年の場合。今までなんとか複式を免れて3年生まできたのですが、なんと昨年の年度末に相次いで数人転出してしまったため、一気に瀬戸際へ追い込まれた状況になっていました。そこへきて、我が家が転出するとなれば・・・・・・なんてBADタイミング!

なんというか、自分たちの人生なので誰に文句を言われる筋合いもないはずだし、他の同級生のために引っ越しを躊躇する必要もないはずなのですが、恐ろしく「申し訳ございません!!」という感情が湧き出してくる事態だったのです。ま、我が家が引っ越さなくたって別の誰かが引っ越したら同じ状況になる訳で「なるようにしかならない」ことではあるんですが。とはいっても、ねぇ・・・な感じです。

そもそもがとっても小さな地区なので、小学生でなくても子どもがいる世帯の転出/転入は関心の的。人の口に戸は立てられないので、噂話が先行することも今までたくさん見聞きしてきました。ですから、我が家的には、「いつ建つか分からない新築計画を、絶対に口外すべきではない」という気持ちが自然に働いていました。夫婦でも「うちらって・・・こんなに秘密主義だった?」と半ば呆れるほどでしたし、「そうはいっても悪く言う人もそういない」とは思っていましたが、それでも長男の名前が出てくる噂話は75日未満にしたいと考えていました。

引き渡し予定は3月末と工務店に何度か確認し、そろそろ言わねばと重い腰を上げたのが昨年12月。年末に会社、1月末に小学校、2月初めに保育所へ報告して、自分たちなりの筋を通したつもりです。ここまで本当に気を張っておりました。(正直疲れた・・・。)仲良くしてもらっているママ友には自分の口から伝えたいのですが、なかなか会って話す機会がない人もいて、いまだ全員に言えていないのが心残り。でもあとは野となれ山となれ・・・かな。

ちなみに、私たち夫婦には転校の経験もありません。学校生活では見送られたことも、受け入れられたこともないので、今回の引っ越しに際し、子どもたちの気持ちをしっかり分かってあげられないかもという心配があります。ですが “家族全員初めての経験” として、力を合わせて乗り越えていけたらいいなと思っています。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村