窓の目隠しをすのこで自作

我が家の東側は道路に面しているのですが、同時にオホーツクの山々や海が美しく眺められるところでもあり、思いのほか大きくて開放的な窓を建築士さんがつけてくれていました。

狭小住宅から移り住んだ者とすれば、それはもう想像以上というか、分かってたらもう少し小さいのを提案したかったよってくらいだったんですが(汗)お天気のいい日はさすがに窓からの眺めも良く絵画的。

でもでも、片田舎の道路沿いに新築なんて珍しさこの上ない状態なので、たまに行き交う車から視線を感じること多し&よく目が合う(前見て運転して・・・)。ご近所の方からも何気ない会話から「カーテン付けないの?」「ハンモックがあるんだねぇ」と、悪気なく家の中見てることを伝えられ。若干、気まずい。

実際カーテンとかブラインドを付ければいいじゃん?って話なんですが、気に入ったものがなかなか見つからない上に、「昼だろうが夜だろうが目線が気になるんだから、カーテンをつけたらしめっぱなしになりそう。特に昼間は景色が見えない上にレースでも暗くなる。窓の意味なくない?」とか「でも紫外線は防ぎたいー!」とか堂々巡り。外から見えないシートを貼ることも考えたけれど、ペアガラスはNGらしいし。最初からミラーガラスにしておけばよかった・・?と思っても後の祭り。

うーん、とりあえず、とりあえず、まずは今すぐにでも遮りたい道路からの視線を第一に考えよう、という決断に至り(私の独断ですが)、無い知恵を絞って簡易的な目隠しを自作しました。

DSC_9434

ははは。

FIX窓(1640×1100)に対して、白くペイントしたすのこ2枚セット(750×750)を自立させるようにDIY。すのこの横板の上から4枚目くらいのラインが、道路の高さなんです。変な段差が生じてますが、道路より低いところに建ってるのです、うち。

この土地を購入した時には、道路に沿って雑木が生えていたのでそれが目隠しになると思ったのですが、整地する際一掃されてしまったので(涙)、現在この状態。でも自作の目隠しを置いたら、道路を走る車からは、中を観察したくても停車しない限りはじっくり見えない程度になったのではないかと思います。

で、外からも確認。

DSC_9437_2

どうだろう。簡易的なものとしては、いいんではなかろうか?全く意図していませんでしたが、ベランダとも同じ感じに(笑)夜は部屋の中の照明で見えやすくはなってしまうでしょうが、夜間そこまで車通り多いところでもないので、とりあえずは良しとします。。。

DSC_9443

窓の上まで全部遮ってないから車高の高いトラックから見えるんじゃないかとか、突っ込みどころは満載ですが。自立するために使った端材(詰め合わせで約300円)、白ペンキ使いきりサイズ(約600円)、桐のすのこ2枚セット(約1300円)で製作約2時間。個人的には満足です。

窓の目隠しで必要なくなったら、普通に布団の収納下にでも使えばいいし。第2、第3の活用法を考えながらDIYするのもまた楽し。実際のところ根本的な解決には至っていませんが(爆)、これでお茶を濁しつつ、もう少しよい方法をじっくり考えたいと思います。

 


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村