春になり、出てきたもの

DSC_9488

前の土地所有者が置いていったらしい錆びた農具が2つ。雪の下から出てきました。他にもトラックの荷台にかけるであろうシート(使える代物ではない)や、フォークリフトで運ぶようなパレット×2など・・・置き土産があって、ちょっとどうしようかなと悩むものもあるのですが、この錆びた農具はアンティーク感があって、私好み。雪の下で良い感じに錆が熟成されていたに違いない。飾りにしかできないけれど、いい掘り出し物に当たった気分でうれしいです♪

DSC_9485

それからエゾアカガエルも雪の下から登場していました。次男は飼いたいと言っていましたが、「カエルさんにとってはお外が幸せ」と言い聞かせ、泣く泣くバイバイ。鳥の餌食にならずに幸せに暮らしてくれるといいなぁ、カエルさん。

4月下旬は私が1週間高熱にうなされ寝込んだため、ほとんど記憶がないままに5月に突入しました。まだ慣れない&寛げない家で寝込むって結構しんどくて、子供の面倒を見るのは体力的に苦行だし、精神的にはマイナス思考になるしで大変でした。

今も咳が抜けなくて本調子ではないけれど、とりあえず「この地で生きていかねば!」というようなサバイバル精神が湧いてきたので、前向きに頑張りたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村