家から見た虹と満月

夕方からぽつぽつ雨が降り始めたのに、夕ご飯を食べる18時くらいになったら、西側キッチンの窓から夕陽がとても強く差込んできました。でも外を見るとやっぱり雨。

「雨が降っているのに、こんなに夕焼けが眩しいなんて不思議だね~」

と子どもたちに話しかけながら、あれ?もしや・・・?と東側の窓の外を眺めたら、やっぱり出ていました!

DSC_9659(1)

虹~! これには子どもたちも大喜び!虹の反対側は見えるのかな?と角度を変えて窓をのぞきこんだら

DSC_9660(1)

反対側もうっすらありました!次男と外に出てみたら、本当に淡~くでしたが半円を描いていましたよ。

DSC_9663(1)

外に出たついでに日が沈む西の方を見てみると、もう木々の向こうに沈みかけていました。これでもシトシトと雨が降っていたんですが、こんな庭先の景色にもみとれてたたずんでしまうー。写真でうまく切り取れていないのが残念です。

そして、夜。

最近雲さえなければ、まだカーテンをつけていない窓から月明かりが眩しいほどに降り注ぎ、常夜灯もいらないくらいだったんですが、昨日はちょうど満月。それはもう神々しく光っていて、真っ暗にしているはずの部屋でも本気で本が読めそうなほどの明るさでした。

昨夜は次男が先に寝てしまったので、長男と2人お布団に寝ころんでお月見。

DSC_9678

夕方降った雨の粒が窓ガラスに残っていて、月明りで光っていました。

そして、何となく願えば叶うような気がして、2人でお月様に次々とお願い事を開始。

長男「兄弟なかよくケンカしないで、楽しく暮らせますように」
私「そうそう。家族、じいじばあば、おじいちゃんおばあちゃん、親戚、私たちとつながっている皆がいつまでも元気で幸せに暮らせますように」
長男「(小声で)ゲームがたくさんもらえますように」
私「こらこら。あ、でも、暮らしていくのに十分なお金があって、この家とこの土地で上手くやっていけますように」
長男「じゃ、家のローンが返せますように」
私「できれば、繰り上げ返済で早めに・・・なにとぞ!」

・・・なんか切実すぎて悲しくなってきた(笑)しかも、こんなノリじゃどのお願い事も聞いてもらえなさそう。もっと日々の生活で精進したいと思います。反省。。。

長男が寝静まったあとは、カメラのレンズを望遠(といってもバズーカ砲みたいなのは持っていないので、中くらいのやつ)に切り替えて、別室で窓を開けてパチリ。

DSC_9686(1)

お月様の表面まで写るように撮りたいと思って、いろいろ調整しながらやってみたんだけど、初めて撮ったにしては上手くいったのかなぁ。

ここのところ毎日新しい発見や出会いがあって、どれから書こうか迷うほど。本当にありがたいことです。今年はとにかく外の景色を見ても、食べても、誰と会っても、興奮しっぱなしの1年になりそうな予感。いろんなことに感謝しながら、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村