スクールバス通学に思うこと

偶然にも我が家がスクールバスのルート上に建ったため、家の前で乗り降りすることになった子ども達。(まだ義務教育でない次男も、幼児用の定期券か回数券を使って保育園へ行くことができるため、この春から2人一緒に登下校しています。)

最初は数百メートル離れたスクールバスの停留所まで母子3人で歩いていたのですが、どうもその距離が教育委員会が定める規定以上あったらしく、家の前での乗降にと相成りました。

 

DSC_9798

 

一見のどかな農道には見えるのですが、大人でもビビるような輸送用の大型トラックなどが行き来する裏道になっているため、送迎の際も車とすれ違う時は怖いな~と思っていたし、雪で道幅が狭くなる冬を考えたらこれが最善とは思います。

ですが、アレです。人間ていうのはなんて欲深く、無いものねだりをしてしまう生き物なんでしょう。。今は、どうしようもなく、

 

子どもたちの運動不足が心配なんです!!
自分の運動不足もそれ以上に心配ではありますが。

 

前の学校では、約2キロの距離を片道40分かけて朝夕徒歩通学していた長男。道中はアップダウンがあったため、本人の自覚はないにしても結構な運動量だったと思います。それが今や贅沢にも、ドア to ドア!!

今年小学4年生、成長期&食べ盛りに差し掛かり、体型の変化も気になるところ。これまでは野球をやっていたのですが引っ越しを機にその熱は冷めつつあり、また何より、新しい学校にはスポーツ系クラブ活動が1つもないというのも心配する要因のひとつだったりします。(小規模校だしスクールバス通学だしで、人数確保が難しいのだそうです。。)

引っ越してから約1カ月半。最近になり子どもたちが「なんだかこの家に慣れてきた!」と言い出したくらいなので、落ち着くか否かのところで、さらに荷物を背負わせるのも今はまだ可哀そうな気がするのですが、なにかの運動系少年団・・・ゆくゆくは考えていきたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村