ウドを発見!

正直に申し上げます。タイトルを正確な文章にいたしますと

「我が家の開墾を手伝ってくれているおじいさんがウドを発見してくださいました

です。

DSC_9812

どうやら、庭のあちこちにあるっぽいです。昨年のウドの大木(?)が枯れて倒れているのですぐ分かるとか。初めて知りました。収穫はもう少し大きくなってから?うーん、待ち遠しいです!

ところで本日は、我が家の救世主(おじいさん)が職人技としか言いようのない見事なユンボさばきで、伐採した白樺の丸太を運んだり、旦那が掘り起こしていた木の根っこたちを敷地の端に移動させたりと、午前中いっぱい作業してくださいました。本当にありがとうございます**

DSC_9808

「勝手にやって、時間になったら勝手に帰るから。」と手出し無用宣言されたので、ありがたく2階窓から拝ませていただく。なんだか「開墾を手伝ってくれている」というより「開墾してくれている」のほうが正確な気がしてきました・・・。

というわけで、最初の文章をさらに修正。

「我が家を開墾してくれている救世主が、ウドを発見してくださいました。」

最初に収獲したウドは、おじいさんに捧げることにいたします。
要らないって言われたらどうしよう。(苦笑)

でもほんと甘えすぎなんじゃないだろうかと心配になるほどなのですが、ママ友になったお嫁さんには「おじいちゃんは興味のないことには全く無関心な人だし、ご近所さんができてとっても喜んでいるんですよ。それに農家の人は助け合いの精神が強いから、困ってる人は助けてあげたいんだと思う。迷惑でなければ気にせず甘えていいと思いますよ。」と言っていただき、これまたいい人すぎて涙出そう。。

このご恩をいつかお返しできるように、これから頑張っていかねば・・・!

 

とはいえ、農業用具が全く揃っていないっていうのが、そもそもイタイところ・・・。そうこうしてる間にも、おじいさんはビニールハウスの支柱を持ってきてくれています。展開早っ!!ハウスなんて玄人がするものだと思っていたので、120%ノープランだったのですが・・・我が家、ハウスに何植えるんでしょうね?? 我が家の畑プランは、いまのところおじいさんのみぞ知る状態になっているようです(笑)。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村