ひまわりの芽が出ました

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ肥料ノナイ土壌ニモマケヌ
丈夫ナ種子ヲモチ・・・

DSC_9840

次男と植えたひまわりの種が、めでたく一斉に発芽しました。絵的には非常に地味です。

次男は、名作『となりのトトロ』でいうところの「夢だけど、夢じゃなかった」的な小躍りでたいそう喜んでおりました。植えたのは家の基礎用に土盛りしただけのところだったのに、植物の生命力ってすごいですね。結局いまだに追肥などしてないのですが、このまま元気にすくすくと成長していただけるものなのでしょうか?

ところでひまわりといえば、私は小学生の頃クラスで育てたような記憶がかすかに残っています。何年生の時かは忘れましたが。そのことを思い出すたびに、夏休み中にも割り当てられていた水遣り当番に対し、こどもながら「このためだけに召集!?」という腑に落ちない感情を抱いた記憶も同時に呼び覚まされるわけなんですが、だから私はひまわりが憎いというような話ではなく、言いたかったのは「本州のひまわりってやたらデカかったよね??」ってことでした。←大幅に横道にそれた後の強引な軌道修正

北海道に上陸しからというもの、そういえば「顔よりデカく、見上げるようなひまわり」ってお目にかかっていない気がします。ひまわり畑はあるんですが、どれも小柄で小顔。品種が違うだけなのか、はたまた北の大地では寒くて大きくならないのか・・・。私の顔がひまわりよりデカくなったからという案は却下で。

自宅で育てるのは初めてだし、Googleさんちの小窓に「ひまわり」とお伺いを立てたことがないので詳しいことはまだ分からないのですが。次男と植えたひまわりのパッケージには「大輪ひまわり」と書いてあったので、「大輪」の最終形を楽しみに、最後まできちんと見届けたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村