カーテン取り付け作業

予算の関係で、見積もりからばっさりカーテン費用を削ったばかりに、今まで無カーテン生活を余儀なくされていた我が家。後回しにすると、その後なかなか購入に至らないという悪例です。

ですが、自分たちはともかく今後泊まりに来てくれるゲストの部屋もカーテンなしって、まずいよね??ってことになり、一部の窓にカーテンを取り付けることとなりました。(激遅)

DSC_0065

カーテンレールとカーテンの注文は私、カーテンレールの取り付けは旦那が担当しました。

力仕事のほうがそりゃまあ大変だと思いますが、カーテンのサイズ測ったり、生地選んだり、窓枠のサイズ間違えないように測るのだって、相当大変でしたよ?メジャー片手に各窓とPCを何往復したことか。。生地選びだって、気が狂いそうになりましたよ。ってことで所要時間でいえば、私の方を労ってもらってもバチは当たらないと思います。

DSC_0067

買ったり、いただいたりしながら大工道具が着々と増えていて、道具だけ見ると結構サマになっているような。あとは腕、なんですけどね。30代前半までは、DIYも裁縫も料理も何だって「適当」で済ましていた夫婦なのですが、お互いにアラフォーになり、「おいちょっと、それは待て」となりました。

つまり「大の大人がいつまでも適当な作品を作るって結構イタイ。ここぞというときには、手を抜かず、恥じない仕事をすべきである。」ということ。んなこと、成人式あたりから常識的にやってるわいって方はもちろん大勢いると思うのですが、はい。気付くの遅くてすみません。でも、イタイまま死なずに済んで良かったと思うことにします。

だからといって、手掛けたものがバッチリかどうかは別問題なのですけどね、心構えの問題です。今回は、旦那もそれなりに真剣に作業してくれたはず。

DSC_0068

今回付けたのは、全部で5カ所。作業終了後、うち1カ所でミスをしたと旦那にカミングアウトされましたが、正直者だったので後程きれいなジャイアンを褒美につかわそうと思います。

 

DSC_0082

この写真だけ夜の撮影になり、カメラ使いがお上手なため、うまく色が表現できませんでしたが、ここはブルーの壁にシャンパンっぽい淡い黄色のカーテンです。

早くカーテンが欲しいと思いながらも、2カ月カーテンなしで暮らしちゃうと意外と感じる圧迫感。不思議な感覚です。でも、またひとつ我が家の文明が進化したような気もするので、良しとします。

 

それからコスト的なことを付け加えておきますと、まだ全部取り付けた訳ではありませんが、今後すべての窓にカーテンを取り付けたとしても、見積もり金額の3分の1~半額くらいになるのではないかと思います。持ち出しはきついけど、工務店のカタログの中から選ぶのとは違う満足感も得られるので、こういう手間が嫌いじゃない方にはおすすめします。

ちなみに今回カーテンを購入したのはコチラです。→ びっくりカーテン  ご参考まで~。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村