カーテン発注ミスからの、お直し

苦心してカーテンを注文したのは私だと偉そうに公言したので言い逃れできない状況ですが、カーテンのサイズを一部間違っておりました。よりによって、大きな窓のを。

横幅270cmのところ、「横幅:300cm、丈:210cm」と1枚のビックサイズを注文したのですが、カーテンレールの中央にも取り付け器具があったため、右にも左にも寄せられませんでした(大汗)

 

はぁぁ・・・アホだーーー 私、アホだーーー!!

カーテン屋さんもさぁ、このレールに1枚カーテンでは真ん中でひっかかりますよとか事前確認メールにアドバイスを添えてくれてもよかったのにさっ。(人んちのこと、そこまで考えるかっちゅーのね・・・うん、分かってる、頭では。)

ということで、久しぶりにミシン様にご登場いただきました。

1枚のカーテン生地をきちんと2つ折りして(多分きちんとできた)

DSC_0084

大胆にカット!!! 

DSC_0085

「大の大人がいつまでも適当な作品を作るって結構イタイ。ここぞというときには、手を抜かず、恥じない仕事をすべきである。」と前回の記事に書いたセリフが頭をよぎりまくる。

おい、いいのか!?
言いだしっぺが、メジャーもチャコペンも出さずに、2万円弱したカーテンを切ったぞ?

ですが、すかさずミシン様が手を差し伸べてくださいました。

DSC_0086

「神様は発注ミスという試練をお与えになりましたが、私とともに乗り越えましょう。」って何度も聞こえた。私の胸には。

DSC_0088

そして、それらしく端っこにプリーツを入れまして、無事完成。全然幅が違うけど。

でもって、セッティング。

じゃーん!

DSC_0090

どや!!! ちゃんと左右均等に開いたよ!

DSC_0092

ふぅ。。。

発注ミスさえしなければ、この作業時間は不要だったんだけど。ミシン様のおかげで1時間弱で作業完了できたことに心から感謝いたします。

それから、旦那がミスったとカミングアウトした壁の穴。

DSC_0094

大工さんから「周りは汚いけど便利だから」と分けていただいていた珪藻土のチューブで穴を埋め、ナイフで均して

DSC_0096

こちらも無事、補修できました。

DSC_0097

今日のところは、めでたしめでたし。 朝5時からの作業でした。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村