ふきのとうに白樺樹液も!北国の春を満喫中。ただし今は吹雪

更新がだいぶ途絶えましたが、日々穏やかに過ごしています。が!本日は冬に逆戻りで、雪と暴風・波浪警報で天候荒れ模様。辺りもまた白くなってきました。今夜は停電に備えないと。小学校も時間切り上げて集団下校するらしいです。

こうして行きつ戻りつして季節が移り変わる時期でゴールデンウィークまでは油断大敵、と頭では分かっていても辛い。。一度春っぽい気温に力が緩んだ体には、最高気温2度とか厳しい。雪かき泣ける。。

ということで、春が恋しい気持ちを記事に込めます。

IMAG2506

今年は本当によくフキノトウを採っています。もうそろそろ終わりですが。

去年両親が次男の入学式にあわせて遊びに来てくれたのですが、その際、母が喜び勇んで摘みまくったフキノトウ。今年は送ってあげたら喜ぶね♪なんて子どもたちと言っていて、その採取風景をFacebookにアップしたところ、思わぬ反響があり、注文が相次ぐ相次ぐ(笑)

喜んでもらえるなら是幸いと今回はすべて着払いのみで対応させていただいたのですが、件数&希望量がそれなりに多いと結構な労力だということを身を持って知ったので(宅急便出しに行くのも車で片道6キロ走るし、何より体が筋肉痛 苦笑)、来年からはお商売として多少の手数料をいただくかも。子どもが経済を学ぶちょっとしたお小遣い稼ぎにも良いかな?と思ったりしております。

去年の春に母が来なければ、私もその価値に気付かなかった、というのもあるのですが、やっぱり「都会の感覚」「地方の感覚」は、適度に両方持ち合わせておくべきですね。フキ味噌やフキノトウのオリーブオイル漬けを作ってママ友にお裾分けすると、たいてい自分たちでは滅多に採らないし、食べていないって話になる。でも地方に暮らす人たちって皆そんな感じで、当たり前にありすぎるんですよね。

そう考えると、今はこうしてネットで簡単に情報や価値の交換が容易になったので、良い時代になったなぁとあらためて思います。都会、地方、そして海外と、どこに暮らしていてもお互いがつながり合って、Win-Winの関係が気付けたらいいですよね。

 

話は変わり、田舎暮らしの大先輩で私の憧れ、Kご夫妻が先日、白樺の樹液採取方法を伝授してくださったので、我が家でもこの春の風物詩をチャレンジすることに!

IMAG2554

直径20cm以上の幹を持つ白樺を選んで、ドリルで深さ5cmほど穴を開け・・・ている最中から、もう樹液がぽたぽたと垂れてくるくらいの樹液量。太い幹のものなら木にも負担はなく、毎年とっても大丈夫らしいです。

IMAG2556

シロップというよりは、ウォーター。

ほんの~りした甘さが分かる人には分かる、的な。煮詰めて甘さが増すものでもないらしいのですが、コーヒーに使ったり、氷にしたりすると、より甘さが感じられる気がします。

我が家の場合は穴が浅いのか、位置が低めだからか、天候なのか、で1日1リットル程度ですが、それでも1日1リットルの天然白樺ウォーターが無料で!得られると思うと、すごいわーと感動。これもね、全国的に考えたら庭で白樺樹液採って、採りたてを飲めるって少ないと思うので、プライスレスのお楽しみかと。

ちなみに枝から新芽が出てくる頃には、樹液が濁ってくるので、雪どけ期から約1カ月くらいの期間限定だそうです。気になる方は来年ぜひ!!

 

それから、裏庭散策時に雪で折れたエゾヤマザクラの枝を数本回収して花瓶に挿していたのですが、部屋の暖かさで花を咲かせてくれました。

DSC_1322

DSC_1320

桜前線が網走に到達するのは例年GW過ぎなので、一足早い開花は本っ当にうれしい!!!我が家のボーイズも思いのほか興奮して喜んでいました。お花の癒やし効果はすごいです。ありがたやー。

 

さてさて、これを書いている間も外は轟々と音を立てていて、もはや「吹雪」。テレビで熊本地震の報道を見聞きしつつ、状況は全く違えど、やはり地球上どこにいても自然を甘く見てはいけないなと痛感いたします。明日は我が身。防災に対する心構えが大事ですね。

被災された方、そして九州地方の方には心よりお見舞い申し上げます。一日も早くご心痛が癒え、復旧が進みますように。

ではまた。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村