スノープッシャーの収納に木製パレットを活用

その形状ゆえ、壁に斜めに立て掛けるくらいしか収納方法がなく、置き方に毎度イラついていたスノープッシャー。北海道の冬の暮らしに欠かせないとはいえ、柄が長くて場所を取るし、おしゃれじゃないし、なんなら勝手にズルズル倒れて玄関先を塞いでるし。しかもうちのは柄も色も違う2種類で、この辺の不統一感もイライラのもとでした。

で、どうしようかなーとあれこれ考えていたところ、一つだけ余っていて庭に放置していた木製パレットが目に入りました。

ここ数日、体感的な寒さは変わらないものの雪は溶けていて、一度雪に覆われていたパレットが早くも現役復帰とばかりに自己主張してたんですよね。

窓から目があったもんだから薄着のまま外に出て目で確認したところ、いけそうだと思われ(サイズは相変わらず計らない笑)。明日にはまた雪予報も出てるので、思い立ったが吉日とばかりに運びました。ひとりで。

雪は溶けてたけど、接地面は凍ってたから持ち上げるのに一苦労、引きずって運ぶのに二苦労、ってな感じでしたけど。

そして玄関土間に入れて、こうなりました。

すみません、before写真なしです。どこにも固定せず自立させているだけなので、手前には倒れてこないように丸太とか灰入れとか置きましたけど、そんなに不安定感はないです。これが外なら強風対策は必要ですけど。

スノープッシャーの他にも斧とかデッキブラシも入れられて満足。上部にはS字フックもつけて、パレットの中に入れられないほうき&チリトリを掛けています。これ、金具とか付けたら夏の畑道具の収納にもいいかも。

とりあえず、すっきりして自己満足です。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村