トイレの人感センサー付き照明を見直す

ネタも手薄になると、トイレにまで手を出すのかと自分にツッコミを入れたくなりますが、ええ、はい、手を染めますトイレに!(笑)

DSC_0560

我が家のトイレの照明は、人感センサー付きでスイッチがありません。別にリクエストした訳ではないのですが、そうなっていました。(注文住宅なのに、他人事・・・)衛生的には触るところは少ないほうが良い訳でして、最初は特に問題はないと思ったのですが、デメリットが一つ。

トイレの中で動作がある分には良いのですが、「考える人」状態になると意外に早く照明が切れる。。。手足を多少動かせばまたすぐ点灯するので家族はすぐに慣れたのですが、両親が来た時にはやはり訴えられました。ま、そりゃそうですよね。にわかに真っ暗になるんですから!

でですね、各設備の説明書をまとめた冊子を久しぶりに開いてみたのですが、照明についての説明書が一切なく。工務店さんに問い合わせようとも思ったのですが、何となく検索してみたところ同様にお困りの方のQ&Aなどが多く見られたため、解決の糸口を得たもんです。

 

とあるQ&AのAに導かれるように椅子に乗って間近で見上げてみたところ、書いてありました。

DSC_0558

明るさと点灯時間を、自分で切り替えできるようになってたんですね(汗)デフォルトで1分の設定になっていました。こんなことにも気づかずに3カ月暮らしていましたよorz なのでこれを3分に切り替えました。これにて一件落着・・?

人はトイレで「考える人」になっているとき、3分で脱出できるものなのか謎ではありますが、ウルトラマンの真剣勝負だって3分。だからきっと生還できるはずっていう算定なのでしょうね、メーカーさんの。しつこく問い合わせでもしたら「ですから動けば大丈夫なんですよ。」と丁重に逆切れされそうな気がしないでもないので、大人しく手足を動かして点灯時間を延長しようと思いますけどね。でも、私は30秒は永遠に使わないと思う。ぼんやり考え事もできないっていうか、リラックス不可。“自分との闘い” みたいな「日々是緊張」状態に陥りそうです。。

結論として

———-
個人的には切り替え3つなら「1分、3分、5分」っていう設定のほうがよいと思いました。
———-

と、当ブログで静かにレビューして本日の議題を終了したいと思います。ご静聴ありがとうございました。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村