なぜ、家を建てるのか?

時々、「あれ?私なんで家建てようとしてるんだろう」と、??マークが頭に灯ることがあります。ふと我に返るというか、期待と不安のうちの不安が増大する時なんだと思いますが。

そこで頭の中の整理を兼ねて、私たち夫婦が家を建てる理由を書き出して見ようと思います。(今、ここで。汗)

KIMG0295

【家族の時間】
実家から離れ、身寄りもない土地で生活することを選んだ私たち。両親や兄弟の近くに暮らす人たちと違い、気軽に頼れる存在がいないので、余計に夫婦、家族の結束が強いように感じます。子どもたちもそんな親の下に育っているので、「家が一番」とよく言ってくれ、夏休みなどの長期休暇でも家族と過ごせば満足らしい。

「お友達と遊びたいとか言わないけどいいの?」と長男に聞いても「そういえば、お友達のこと考えてもなかった…!」とか(苦笑)それがいいのか悪いのかは別として、この家族で過ごす大切な時間をもっと居心地の良い家で、という想いはずっとありました。

借り物ではない、我が家。伸び伸びと、近所への騒音などを気にせずとも暮らせる家。子どもと一緒に過ごせる期間は限りあるものだからこそ、たくさんの思い出を我が家に刻めたら…というのが一番の理由です。

【おもてなしできる空間が欲しい】
年々歳をとってきてはいますが、まだまだ健在でいてくれる両親。遊びに来てくれても、自宅が狭いために近くのホテルに泊まってもらうことがほとんどで、家族水入らずということがなかなかできずにいました。

兄弟、親戚、お友達も同様ですが、遠方からはるばる来てくれる人達に「うちに泊まっていって」と言えるスペースが欲しいと思っています。

【中古物件では満足いく家がなかった】
別の方の暮らしに合わせて作った間取りは、やはり私たちの望む生活スタイルには合わないなと物件巡りをするたびに感じていました。中古を買っても、リフォームなど手入れが絶対必要。場合によっては増築も?

また、ちょっといいなと思った家でも手放す理由が「離婚」とか「自己都合の退職で返済不能に」とかやはりマイナスのことが多く(汗)なんとなく物件全体に漂うどんよりした空気を感じたことも。。。これまで我慢が多かった家を出るならば、さらに我慢や妥協をするのは違うなと思いました。

【自由なフィールド=庭の存在】
バーベキューや焚火といったアウトドアの楽しみや家庭菜園、子ども達のちょっとした遊び場など、自分の家の庭でできたら最高ですよね。庭が広いと手入れが大変、雪かきも大変、年取ったらどうするんだい?ってことも頭では理解していますが、やっぱり憧れ…。田舎暮らしの醍醐味を味わいたいです。

【我が家らしさを追求すると、注文住宅が必然に】
結局のところ、私たちの思い描いているものを形にしようとすると、既存のものでは無理という結論に達しました。納得できるものって人それぞれ違うので、私たち夫婦がいいと思うスタイルが万人受けするとは思いませんが、それでも「移住生活、どうせここまできたならば!」腹を決めてオリジナルのものを追及すべきだと天から言われているような気がしています(笑)

 

とにかく今は移住した12年前同様、乗りかかった船状態。家づくりに理解を示してくださる工務店さんも我々の人生に登場し、新たなページがはじまる予感満載なので、とにかく歩みを止めずに少しずつでも前進していきたいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村