旦那による現場確認と打ち合わせ

本当は、2月2日(日)に夫婦揃って伺う予定だったのですが、私が他のスケジュールを見誤り、ギリギリでキャンセルとなってしまった打ち合わせ。

仕方がないので、月曜日も休みだった旦那が単身で現場確認と打ち合わせに行ってきました。

写真(2)

なぜだか、土間部分の梁だけ写真撮ってきました。外観は前回から変わってなかったからやめたのだとか。

今回は作業の方が、コンクリート基礎の中をきれいにしてくださっていたようです。「冬は雪が降るなか作業をするので、屋根と壁がついて雪が吹き込まなくなってから、中に溜まった雪を出します」と、そういえば聞いていました。「冬はこういった作業がプラスされるので、夏より高くつくんですけどね」とも。

無理言って冬にお願いしているので、それは致し方ありません。それより3月までにお願いしますなんて、我ながらわがまま言ったなと今さらながら…。極寒というご苦労を顧みず自己中でした。すみません 汗)

KIMG0898

そしてその後、旦那は建築士さんとの打ち合わせに。少し前にメールで送ってもらっていた造作キッチンのご提案を叩き台にして、私が真夜中に一人あーでもない、こーでもないと妄想を繰り広げながらアイデアを書きこんだ要望書を携えて行ってくれました。

最近私の仕事が忙しく、なんか頭の中でいろんなことが同時進行なんですが、普段完全後回しにするプライベート部分に家づくりが入ってきているので、脳が休まる暇がない。なので、こどもの用事とか、イベント・学校関連スケジュールがどんどんどんどん抜け落ちていくんですよね。

で、何が言いたいかというと、日曜日にこどもが参加するスキー教室はお昼で終わると思っていたら、実はお弁当持参で夕方までだという事実が前日夜に判明し、よって日曜日の午後に予定していた打ち合わせができなくなり、さらに翌日の打ち合わせにも仕事で行けないことが確定したから慌てて書いて、気付いたら丑三つ時だったってことなんですけどね。(いやはや、ドタキャン反省します…。)

そうして要望書は体張って(?)書いたわけですが、書面だけでは伝えられない部分は旦那も不安。帰宅後妻から「あれどーなったの?これは?」と質問攻めにあうのが怖かったのか、旦那は自分のiPhoneにSkypeアプリを入れてから行きましたよ・・・。そのおかげで、私はPCからビデオ通話で建築士さんと諸々確認し合うことができてたんですけどね。本当に便利な世の中になったものです。

またこれを基に、造作キッチンの図面を作り直してくださるそうなので、最終的にどうなるかとても楽しみ。無理も言ってますが妥協と後悔はしたくないので、思うことはどんどん提案して家づくりを満喫したいと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村