外構修復工事が入りました

今回は画的にも内容も全く面白くないですが、嵐の日に土砂崩れを起こしていた法面(証拠写真撮り忘れ箇所)の修復工事が入りましたので備忘録的にアップします。

DSC_9897

これは新設した取り付け道路の脇の法面です。雪が降る前に並べた芝生が全く根付かないまま冬を越し、春になってもたいして芽が出ないとは思っていたのですが(というか、それ以前にここに芝生があることは雪が解けてから知ってびっくりしたんですが)、前回の嵐で芝生が飛んだり、芝生ごと土砂が崩れたりして、散々な状態になったので、どうしようかと悩んでいました。ですが、追加工事に来た工務店さんに相談したところ、ここを造成してくださった業者さんが、アフターフォローとして無料で芝生を全交換&法面修復してくれることになりました。(ホッ)

根付くまで2カ月ほどかかるようですが、今度は綺麗な緑になって土砂崩れ起こしませんように。。

DSC_9898

また、基礎のため盛土したところと、もともとの土地との間も、水はけを考慮して今までより深い溝を掘ってくれました。我が家、家のまわり約半周ほどがお堀状態です。これで敵から攻められても大丈夫なはず。 ←え?

地盤が固い粘土層で、水はけがよろしくないこの土地。われわれ、水はけまでしっかり考えないで土地購入しましたし、水はけをよくするアイデアとかにも詳しくないので、専門業者さんにこうして諸々定着するまで提案やアフターフォローしていただけるのは大変ありがたいです。ただ、いつでもいいとは言っていたものの、予告なく朝7時から土を山盛り載せたトラックやら重機やらが押し寄せたのにはビビりましたが(笑)

各所重機とか入らなくてもよい状態にまでなったら、もっと芝や植物を植えて緑色を増やしていきたいなぁ。でもそれは、いつになることやら(笑)


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村