道内移住という選択

道内移住という選択

DSC_8175

旦那の勤める会社の社宅に住んで早12年。家賃や水道光熱費など会社負担にしてくれていて有難い面もありますが、2DKの手狭なアパート。子どもが2人産まれて4人家族となると、今いる家には会社へ徒歩で行けるということ以外にメリットをあまり感じずに暮らしてきました。

…にしては12年って長いですよね。干支一まわり分(汗)ああだこうだと夫婦で意見を出し合い、時にケンカもし、冷静になって考え…の繰り返しでしたが、亀の歩みで今後どうするべきか話し合ってきました。

でもですね、そもそも最初に移り住んだこの地域に家を構えて落ち着こうとは、あまり考えていませんでした。ここは町の市街地から車で片道40分、空港までは片道約2時間の場所です。実家に帰省したり、家族や友達が来たりするときの送迎で往復すると、やっぱり遠い。往復4時間運転するって、なんだか無駄が多いなと考えていました。移住者だからか、やっぱり私たちには空港を行動の基点に考えてしまう癖があるんですよね。なので、知人たちに近くのもう少し広い町営住宅などを勧められても色よい返事はしないできました。

また、私はフリーランスなので今は在宅でできることをやっていますが、こどもから手が離れたら、もう少し仕事の幅を広げていきたいし、その際もやっぱり移動時間は少ないほうがいいとも思っていて。。

このまま北海道に住み続けたとして(参考 もう少し、北海道を究める)、巣立った子ども達は両親(私たち)の住む家が空港からさらに車で2時間かかる場所なら、里帰りが面倒臭くなるのではないか?など、あるかどうかも分からない(笑)未来にも思い巡らせながら検討してきました。

そして、最終的に私たちの出した結論は、

北海道で暮らし続けるのなら、「空港と市街地へ車で30分以内で行ける郊外」を条件として次の住処を探そう

というものでした。

「田舎暮らしを究めたいなら空港とか都市機能など気にせず、今いる土地に腰を下ろしてしまえばいいのに」と移住の先輩である知人から言われたこともありますが、まだ私たちには捨てきれない邪念もあり(苦笑)でも、今のところこの結論に我ながら満足しています。今のところ、ですけどね。

こうして、私たちは、道内移住という道を模索することになりました。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村