穏やかな冬の日

まだ冬休みが続いている、こちら。長男の中学校は16日から、次男の小学校が18日から再開します。

昨夜からうっすら雪が積もったものの、今朝は快晴。放っておくとゲームばかりの子どもたちなので、雪かきのお手伝いをしてもらいました。

遠くの知床連山や斜里岳も美しい。

そして、日の光が気持ち良い~!!

大変ありがたいことに年末年始の不在中も、ご近所さんが時々雪かきをしてくださっていて、おかげでなんの苦労もなく家に入れたし、その後の雪かきも楽できています。折り入ってお願いした訳でも、いつからいつまで不在ですと連絡した訳でもないのに、雪が降れば気にかけてくださるご親切心。足を向けて寝られません。ささやかなお礼だけで甘えてばかりもいられませんが、こういうところは田舎の良さの気がしますし、見習って恩送りしていかなければと思います。

ところで話が変わるのですが、雪かきのときに見つけて子どもたちとしばし盛り上がったのがこちら。

分かります?雪の上を毛虫が歩いているんです。

この時期に、毛虫?なぜここに?どこに行こうとしてるの?

「ねぇ、雪かけていい?埋めていい?」と身構えるイタズラっ子次男をとりあえず制止して、みんなで観察。雪の上にしては結構ハイスピードで移動していたので、「頑張って生きているんだから、そのままにしてあげよう」ということになりました。

近くの防風林ではキツツキが忙しくドラミングしてるし、明日にはいなくなってるかもしれないけど。。。

仮死状態でもなにげに越冬していたり、集団でがっつり冬眠していたり、虫たちも結構生命力があるけれど、雪上をずんずん進む毛虫ははじめて見たので興味深かったです。人間の私たちも寒さに負けていられませんね。

ではまた。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村