小径づくり

このGW後半、奇跡的に1.5日もの休暇を得た旦那が突然始めた草刈り、からの、小径づくり。

家の前のごくごく一角ではあるものの、足を踏み入れると、なんだこのワクワク感は!

三歩進んで十歩くらい下がって、そのまま数年見ないふりをしていた裏庭開拓に、新たな兆しか!?

この角度から我が家を見るのが、ものすごく新鮮!!なんだか人里離れた山深いところで仙人みたいな暮らしをしているようじゃないですか。(注:東側は思い切り道路に面している立地です)

遠目からだと植林してあるカラマツと白樺しか判別できていませんでしたが、タラの木があったり、ヤナギのひこばえがあったり。ほうほう、これはこれは、と面白い発見がいろいろ。

ヤマブドウっぽい太めの蔓もあって、気分が上がる!

旦那は気分で?進行方向を変えながら笹刈りしていったので、小径はまっすぐではなく、だから余計に探検してるっぽくて面白いです。(あとから、ショートカット作って!となる可能性もなくはないですが)

あとは、これから秋にかけての季節、これをキープできるかどうか。問題はそこなんですが、笹とか虫とか野性動物とかとの共存をはかりながら、だましだまし立ち入り可能エリアをじわじわ拡大していければいいなと。

とりあえず死ぬまでには、自分ちの敷地@7反の全貌を把握できるように地道な開拓をがんばりたいです。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村