住まいが先か、仕事が先か

theoldhouse

自分たちも移住する時この問題に行き当たりましたが、すでに社会人だったり結婚していたりすると悩む問題かと思います。以前、運営している別ブログでも移住希望の方から質問を受けたことがあったので、このテーマについて私なりの考えを書いてみます。

結論から言いますと、「仕事が先」が賢明です。

今の時代はノマドワーク(テレワーク)もメジャーになりつつあり、パソコンとネット環境、そしてそれを使って仕事ができるスキルや現職があれば、地球上のどこでもOKという人もいます。また、もともと自営業というかアーティスト系の方達は、住まいだけを探すか建てるかすればいいでしょう。でも、そうでない方、つまり北海道の企業に転職を考えている人は「行けばなんとかなるだろう」は危険かと。このご時世、北海道の就職率もお多分に漏れず低いですしね。

自分たちも含め、これまで知り合った移住組(単身、短期を含め)はやはり「仕事が先」の人がほとんど。中には、「さすらいの旅の末、ここに居ついた」というツワモノもいますが、多くはないです。北海道に上陸してからさらに転職というのもアリだと思いますが、とりあえずは「職」ありきではないでしょうか。

我が家の場合は、旦那(当時は彼)がリクルート社の雑誌B-ing(すでに廃刊)が主催する「Iターン、Uターンフェア」なるもので転職活動をして、運よく希望の道東エリアにあった観光ホテルに決まったので社宅に入居した、というクチです。道東は憧れでしたけど、ダメなら札幌でもどこでも足がかりに転職できればと思っていたので幸いでした。

ちなみに、仕事が先というのは収入だけの問題ではありません。住んだことも無い見知らぬ土地で、家を探すのは簡単なことではない(はず)です。地域によっては不動産やさんがネットでヒットしないこともありますし。でも、仕事が決まれば、会社に住宅を斡旋してもらえる可能性は高いです。一軒家を会社が借り上げてくれたり、社宅が宛がわれたりすることが多いと思いますが、自力で住まいを探すよりよっぽど安心だし、保証人の心配もなくなります。でも、これは北海道の中でも田舎の話であって、札幌あたりの事情は分かりませんが…。

最近は、移住や二地域居住を積極的に行っている自治体もありますが、たいてい対象とするのは富裕シルバー層。親身になって、しっかりとした収入がある定職を見つけるまでサポートしてくれるところはどれくらいあるんでしょうね。。個人的に、道内移住を考えていくつかの役場に相談の電話をしたこともあるのですが、たまたまハズレだったのか、仕事の斡旋について伺うと消極的な反応ばかりでした。

ですがもし、子どもを田舎で育てたいという希望があるなら「家族で山村留学」を検討してみてもいいかも。山村留学では、受け入れ期間中の住宅だけでなく、職も用意してくれるケースがあるようです。子どもがいると、否が応でも幼稚園、保育園、学校、クラブ活動とお付き合いをすることになり、地域に溶け込むスピードが格段に違います。例えばですが、母子で1~2年間山村留学をして、移住してもやっていけるかどうか見極める、というのもひとつの手かと思います。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村