薪ストーブ料理/鶏手羽元と大根の煮物

そういえば、薪ストーブ料理なんてカテゴリーも作っていたことを思い出しまして。

薪ストーブが十分に暖まってくると、何か料理作ろうかな~、今から洗濯物干せば夜までに乾くな~と家事のやる気スイッチが入るから不思議です。ま、薪ストーブが暖まるまでに時間が掛かっているので、速効性はないんですけど。(だから洗濯物を干すのも昼だし、薪ストーブ料理は夜ご飯用)

今夜はこれ。

鶏手羽元と大根の煮物

鶏手羽元と大根を下茹でなしで、昆布水(だし昆布を水に浸して冷蔵庫で出汁をとったもの)と、酒、みりん、砂糖、醤油で煮るだけ。

っていうか、ストーブに置いておくだけ。

これに八角が入ると突如中華風になりますが、今回はなしで。(気分です)

薪ストーブ料理のデメリットとしては、大根がとろけすぎること、と最近思っていて。形は崩れないけど、崩れていないからこそ、見た目以上の歯応えのなさに毎度びっくりです。この衝撃的な柔らかさはIHで作るときには感じたことはなくて、圧力鍋ともまた違う感じ。薪ストーブ=遠赤外線効果って、なんとかの一つ覚えでそれ以外知らないんですけど、やっぱり遠赤外線ですかね?

大根は噛まずに飲みたいんだーっていう人にはぴったりですけど、煮加減が課題です。(と言いながら、今後も多分放置プレイ)

ところで今日は予報通りの雪で、辺り一面銀世界でした。

湿り気の多いべちゃべちゃな雪だし、根雪にはならなそうですけど、いよいよ来たか、という感じ。昨日までに、あらかた庭の冬支度を終えることができたので、あーあ間に合わなかった、というガッカリ感が少なくて済んで良かったです。

引っ越して4度目の冬の暮らし、少しずつだけど進化している実感はあります。でも、まだまだなんだな。多分、何年経っても攻略はしないんだろうけど。楽しみながら、ぼちぼちいきます。

では、また。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると喜びます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村